メディアリテラシーを早期より始めるべき理由

メディアリテラシー教育に関する情報サイト

メディアリテラシーの定義と重要性

メディアリテラシー教育にあたって、メディアを読む力は最も重要です。なぜなら、人間が得る情報の多くは視覚から入ってくるからです。 テレビやインターネットを使って、メディアを読む力は育成することができます。ここでは、メディアを読む力を家庭でどのように育んでいくか考えていきます。

メディアを書く力をつける

メディアの仕組みを読み解けるようになったら、今度はメディアを自分で書いてみましょう。一見難しそうに見えますが、メディアを書く力はあらゆる場面で応用できます。 ここでは、学校の宿題などを使ってメディアを書く力を育成する方法について考えていきます。

メディアを読む力をつける

メディアリテラシーは、日本語では「情報の読み書き能力」と表現されます。
自分が主体的にメディアを読み、メディアを構築し、メディアを発信できるかが問われているわけです。

最近、SNSを介した犯罪などのニュースが多く流れてくるようになりました。SNSは人のつながりを確保する一面で、危険な出会いを呼び寄せてしまう部分もあります。では、危険に直面するか否かはどこで別れるのでしょうか。私はそこに、メディアリテラシーの有無が関係してくると思っています。

今の子どもは、テレビやラジオだけではなく、インターネットやSNSなど、様々なメディアに幼いころから接しています。親世代と違い、生まれた時から親のスマートフォンを眺めて育ったという子どもも少なくありません。幼いころから親しんでいる分、そこに隠れている危機には気づきにくい傾向があります。

そうなると、メディアリテラシー教育は、早めに始めるに越したことはないということになります。小学校の単元では3年生からメディアリテラシー教育が始まるとされていますが、それだと遅いかもしれません。

では、家庭でメディアリテラシー教育を始めるには、何が必要で、何が重要なのでしょうか。メディアリテラシーと聞くと特別なもののように感じるかもしれませんが、実は身近にあるもので、簡単にできるのです。

では、メディアを読む、書く、発信するという3段階で、メディアリテラシー教育について考えていきましょう。

メディアを発信する力をつける

学校でインターネット教育が始まると、いよいよ自分でもメディアを発信する力が必要になってきます。 ただ、メディアを発信することは、常に危険と隣り合わせになるということでもあります。 ここでは、メディアの発信にあたって気をつけることを考えていきます。

TOPへ戻る